HOME > 建売住宅を選ぶメリット

建売住宅を選ぶメリット

住宅

建売住宅とは、土地と建物をセットで販売する新築分譲住宅のこと。

 

一般的には、まとまった土地をいくつかの区画に分けて、そのうち建売住宅として何棟か建てて販売します。

住宅が完成してから販売する場合もあれば、設計プランが決まってから完成以前に販売する場合もあります。

メリット

建売住宅では、購入価格が明示され、住宅の間取りや設備、仕様もあらかじめ決まっているので、仕上がりイメージもつきやすく、分かりやすいのが最大のポイント。

完成していれば実物もチェックでき、コスト面では同じ住宅を注文住宅で建てた場合より割安になります。

購入手続きが簡単

ノートとペン

売主業者のプランで建てられた住宅をその敷地と一緒に購入することになるため、売買契約時に手付金を支払って、残りのお金は住宅ローンで一括にして借りるなど、資金の流れはマンションや中古住宅を購入する時と同様に、比較的単純です。

時間や手間を掛けたくない人におすすめ

申込み

注文住宅とは違い、打ち合わせなどで時間をとられることが少なく、仕事が忙しい場合でもスムーズに購入することができます。

 

分譲地が売り出される現場であれば、敷地境界が明確にされることが多く、隣地とトラブルが生じる可能性も低いでしょう。

周辺道路の整備などが行われる場合もあります。

お問い合わせはこちら